残業代請求は労働トラブルを専門に扱っている弁護士に依頼をすると良いです。労働トラブルというのは最近増加をしているので、多くのところで行われるようになってきています。インターネットで労働問題を専門に扱っている弁護士を探すことが出来るようになっているので、便利になってきています。残業代請求は書類で行うのですが、その作成をする書類を送付するだけでもかなりの手間がかかってしまうのです。裁判に進展をする可能性があるので、費用を抑えるためには、企業側は大抵支払いに応じるものなのです。しかし中には、どうしても支払いたくはないために、無視をしたり、ウソを並び立て支払い拒否をするような低俗な企業もあるのは事実です。いわゆるブラックと呼ばれる分類の企業の場合が多いので、応じなかった場合にも訴訟の手配をしてくれるので安心出来ます。

未払いの残業代請求をする時は弁護士に相談しよう

サービス残業という言葉がありますが1日の労働時間が8時間以上、これが40時間以上続いた場合には残業代を請求する事が出来ます。多くの方は残業代が出ないのが当たり前と思ったまま働いていますが、未払いの残業代は立派な権利として請求できます。以前の会社がその様な体制であった為に、今は転職して会社を変えた方もいらっしゃるでしょう。しかし、残業代を請求できる期限は2年間有効となっています。会社が変わったからと言って残業代を諦める必要はありません。残業代請求を考えたら1日でも早く行動に移しましょう。この時に専門である弁護士に依頼する事で今までの証拠集め、情報の整理など素人には判断しにくい事も行なってくれます。どの弁護士事務所が良いのかを決めるには口コミ情報や比較サイトなどを頼りにして、無料相談に足を運んで話を聞いてみましょう。

残業代請求を弁護士に依頼するなら早く行う

ある会社に勤めていて色々不満もありながら仕事を続けることがあるでしょう。入社したての頃は何もわからない状態から仕事を教えてもらえます。そして徐々に仕事ができるようになるのです。でも仕事をしていくと徐々に会社のことがわかってきます。そしてもらえるはずのものがもらえていないこともわかってきます。残業代の支払いがされていないのです。残業代請求を弁護士に依頼をする時何時頃行うのがいいかがあります。行うシーズンなどがあるのでしょうか。シーズンなどはなくとにかくあると感じて返してもらいたいと気がついた時にすぐに行うようにします。多くの人は数箇月払われないからと言って問題にはしないでしょう。数年払われていない状態だから払ってほしいと感じるはずです。こちらについては2年間しか請求できなくなっています。1日遅れれば遅れるほど請求額も減っているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です